効果的ダイエット:炭水化物をまずはセーブしてダイエット


先日、健康診断を受けてみたところ、少しばかりコレステロール値が高いとの結果が出ました。
なんとなく自分でもそういう予感はあったので驚きませんでしたが、主治医の先生の言によると、将来的なことを考えると、そろそろきちんとしたダイエットを試みて余分な脂肪を身体から削ぎ落とし、コレステロール値をコントロールしていった方が良いようなのです。
やっぱりダイエットしなくちゃダメなのか…という落胆はほんのちょっとだけ感じました。というのも、私、朝食からしっかりとごはんを食べるのが大好きで、食事制限だけは忌避したいなあという気持ちがずっと心の中にあったんです。
ダイエットとなれば、好きな食べ物を我慢して、カロリーを抑えていかなければなりませんし、ある程度の有酸素運動等もかかせません。自分的にはそのどちらも「いやだなあ」という対象であり、出来ればいつもの通りの生活をしながらダイエット出来ないものかなと先生に相談してみました。
しかし、やはりというか当然のことながら、今まで通りの生活習慣を続けていては、ダイエットどころか、ますますコレステロール値が異常になるやも知れず、致し方なく、とりあえず朝昼晩三食の献立から炭水化物を出来る限りセーブする方法で、まずは三か月間の短期間のみ、それを継続してみて体重やコレステロール値の変動をチェックしてみることにしました。
スタートさせてみてまだ数日、ついつい食べたいという誘惑にかられてしまうのですが、それでも効果があることを信じて炭水化物の摂取を少しずつ減らして行っています。食事時に物足りない時は、白湯やお茶を飲んでお腹に満足感を与えてみたりもしています。これが意外と自分的には効果的であり大発見でもあり、水分を摂ることは健康にもよいし、一石二鳥じゃないかと思っています。
さて、三か月後には改めて再診断をしてもらう予定です。簡単に痩せるのは難しいと百も承知ですが、その再診断の際、先生から「コレステロール値は正常に戻ったよ」と言ってもらえるように頑張るつもりです。

ダイエット/ヨガ:短期間でダイエットするために


夏が近づいてくると、水着になったり薄着で街を歩いたりする機会が増えるので、ボディラインを整えたくなる時期でもあります。
さてぽっちゃりしていて、ちょっと心配な人はダイエットを考えると思います。
しかし長い間ちまちまと続けるのは性に合わないと言う人におすすめなのは短期間ダイエットです。
短い期間に集中してダイエットをして、一気に結果を出すという方法です。
集中力には自信があると言う人や、根性がある、でも短気だと言う人にとてもおすすめな方法です。
やり方はいくつかありますが、いちばん手っ取り早く痩せられるのは断食ではないでしょうか。
まず3日ほどの準備期間を作ります。
個の期間に徐々に食事量を減らしておくことで、断食期間に入った時に胃がびっくりしないですむからです。
主にお粥などを中心にして生活をします。
野菜スープなどでも大丈夫です。
そして断食期間に入ります。
3日間がおすすめの期間です。
この間は基本的に水以外は摂取しません。
タバコを吸っている人はタバコも禁止ですし、コーヒーなどのカフェインの入っている飲み物も控えましょう。
これは体重を減らすと言う効果に加えて、デトックスする効果も狙います。
どうせ断食をするなら一石二鳥を狙いましょう。
この断食期間を休日にあてて、家でのんびり暮らすのも良いですし、仕事ができる集中力がある人は、仕事をして食事から意識を外すという方法もあります。
ただし運動は控えめにしたほうが無難だと思います。
そして断食期間をやり過ごすと、今度は回復期になります。
この期間も3日間で行いましょう。
準備期間と同じように、お粥や野菜ジュースなどで徐々に普通の食事に戻していきます。
断食期間を終えてから1週間くらいは、脂肪の吸収力が高くなると言われているので、油ものなどを避けましょう。
また断食明けにアルコールを飲むのも避けたほうがよいでしょう。
だいたい3キロくらいは体重が減ります。
ただし食事を普通にするとすぐ元に戻りますので、狙った日に合わせて行いましょう。

食事制限ダイエット:サプリメントでのダイエットでどのくらいの効果があったか。


前にサプリメントでのダイエットというものを試したことがあり、そこそこの成果を出しましたので、軽くまとめてみたいと思います。
そもそもサプリメントでのダイエットというのにはいくつか種類があって、まずはサプリメントを飲むことによって野菜など不足しがちな成分を摂取し、それによって健康体となりダイエット効果が生まれるというものと、サプリメントで脂肪を燃やしやすい体を作り、それによって運動での代謝を向上させてダイエット効果を得るというものです。
どちらもいいところ悪いところがあるのですが、前に自分が行ったのは後者のほうで、考え方としてはやはり運動をしなくては痩せることはないと考えたからでした。
そのためサプリメントを飲んでは運動、飲んでは運動の繰り返しを行っていたのですが、最初のほうは全く効果がありませんでした。
このまま続けても意味がないと思い、いったんやめてネットなどを使ってどういうことなのかを調べてみると、どうにも飲んで運動をするのはもちろんなのですが、いつやっても同じというわけでは無く、運動をするタイミングとサプリメントを飲むタイミングというのがしっかりと存在していたのです。
まずサプリメントを飲むタイミングは食後ということで、これは他の薬なども同じなのですが、空腹時よりも満腹時のほうが薬の効果というものは実感しやすいはずです。
そして運動のタイミングは飲んだ直後ではなく、飲んでから30分ほどしてしっかりと体にサプリメントが吸収されてからとのことでした。
これにもしっかりと理由があって、サプリメントが吸収されきっていない状態で運動を初めても、普段の運動と変わらず、結局サプリメントの意味がなくなってしまうのです。
なのでしっかりとサプリメントが吸収されたのを確認してからの運動が効果的で、吸収まではおよそ30分ほどがいいとのことでした。
今後サプリメントを飲もうと考えている方は、これらの注意点を守っていきましょう。

効果的ダイエット:炭酸水でのダイエット前に炭酸水の種類について知っておきましょう


炭酸水でダイエットをする場合は、数ある炭酸水の中から自分に合ったものを選択する必要があります。自分にあっている炭酸水を選ぶことで炭酸水のダイエットを長続きさせることが出来るのです。
炭酸水ダイエットというのは、毎日のように炭酸水を飲みますので、本気でダイエットの成功を目指すなら、しっかりとこの記事を読んでおきましょう。
そこで炭酸水の種類についてまとめてみましょう。
まず、有名な南アルプスの天然水のスパークリングです。こちらはきめ細かいような炭酸のしゅわっとした感じが特徴で、あまりきつすぎない炭酸がとても飲みやすいものとなっています。レモンフレーバーもありますので、飲みにくいと思ったらそちらを選択してみましょう。
次も有名なもので、コカコーラ社から発売されているいろはすの炭酸水です。こちらはとにかく飲みやすさを重視しており、炭酸水なのにごくごくと飲むことができちゃいます。その分炭酸は少し弱めなので、早めに飲んでしまうようにしましょう。いろはすにもレモンフレーバーのものは存在していますので、是非飲み比べてみてください。
次に紹介するのがウィルキンソンの炭酸水です。これはいかにもなパッケージから読み取れる通り、とても炭酸が強くなっています。爽快感や刺激を求める人にはぴったりの炭酸水で、とても飲み応えがあります。
さらにはセブンプレミアムがオリジナルで作っている炭酸水なんかも存在しており、これはセブンプレミアムらしい、誰にでも飲めるような調整がされています。ウィルキンソンなどになれてしまうと少し物足りないかもしれませんが、毎日飲むにはとてもいい炭酸水です。値段がそんなに高くないのも特徴となっています。
他にも訳ありの炭酸水などがネットなどには存在しており、こちらは何かしらの理由はあるものの、とても安く入手することが出来、ダイエット中は毎日飲むということを考えると、コスト的にとても助かるものといえるでしょう。

【ダイエット/ヨガ 等】炭酸水はダイエットの強ーい味方になる!


ダイエットは一つの方法で行うというよりも、軸を一つ決めてそれを細かいダイエットで補う、と言うやり方が
良いと思っています。炭酸水はそれ自体で痩せる方法もあるようですが、サブとして使うのもかなり有用な
飲料水なんですよね。

炭酸水を飲む事で、代謝が上がりお肌も綺麗になり、便秘解消効果も手伝って痩せる、なんて言われますが、
単純に普段飲んでいるジュース飲料などをノンカロリーに変えるだけでもかなり効果があります。ジュースの
カロリーは調べたりしたら飲めなくなるぐらい高かったりするので、炭酸水でプラス効果と言うよりも、マイナス
打消し効果が高くなっています。炭酸水を飲みながらジュースも飲むって人は少数派でしょう。

ジュースを飲む量が増える夏は特にお勧めで、爽やかな飲みごたえがあるので物足りなく感じる事も少ない
です。ネックとしては、運動した後なんかに、喉が渇いたとゴクゴク飲むのは辛いってことでしょうか。やった事も
ありますが、そうそう沢山飲めるものでもありませんね。

こういったダイエットをサブしてくれるアイテム、やり方は成功するかどうかを分けたりもするので、同時並行で
使っていきましょう。他にも、お腹用のコロコロローラーとか、青汁とか、半身浴とか、それだけではダイエットと
して物足りないけれど、サブとして優秀と言うのは沢山あります。別に一個に絞る必要も無いので、出来るモノは
取りいれるのがコツですね。

炭酸水じゃなく、単純にお水にする、と言うのでも良いのですが、最初はよくても続けていると物足りなくなって
来るので、炭酸水の方がアイテムとしては上です。中にはサブダイエットのみで簡単に痩せれた、との話も聞く
ので、中心軸なしでやって見るのも面白いかも知れません。そっちの方が向いていて、プチ痩せのみでゴリゴリと
痩せてくれれば、それが一番楽ですね。短期間で痩せる可能性もありますし、その方が体にとっては無理が
ありません。

取りあえず、カバンなどに入れておきたいアイテムですよ、と言う話です。人を選んだりもしませんし、価格も
安くなっています。たまーに苦みを感じて飲めないって人もいますけれど。

食事制限ダイエットとは。ダイエットの歴史は繰り返されることが多い・・・


ダイエットを長年やっている私ですが、何年も前に流行ったダイエットが、また流行るってことが、たまにありますよね。ファッションの流行も15年とか20年くらいの周期で繰り返されることがありますが、ダイエットも同じみたいですね。
繰り返されるときに、当時流行ったときとは微妙に変化していることもありますけどね。炭酸水にしても昔にもありましたし、炭水化物抜きについても、名前は違ったと記憶していますが、昔のも同じようなダイエットがあったと思います。水やお茶を飲むという方法もかなり昔からありました。カロリーや食事制限なども、昔からずっとあるものです。
紅茶キノコなども、何十年も前に流行った方法でしたが、数年前にまたはやりましたよね。ゆで玉子を食べる方法も、昔は違いましたが、数年前に流行った時は、国立病院のレシピということになっていたり、ルーマニアだったかどこかの王立病院という触れ込みに変わっていたので、少し笑ってしまいました。
ファッションもそうなのかもしれませんが、当時の流行を少し焼き直して、また流行らせようとか、利用しようという人がいるのかもしれませんね。そうそう新しい方法が登場するなんてことは難しいことでしょうから。考えてみれば、テレビ番組や映画なども、ネタに困れば昔の焼き直しをしますからね。ハリウッド映画やアメリカのテレビドラマなども、ネタに困れば、すぐに昔のネタの繰り返しですものね。新しい方法が出てこなければ、古いのを焼きなおすしかないし、新しい食べ物があれば、それを使って、悪い言い方をすれば、でっち上げるということがされるのだと思います。だから、また古い昔のやり方が流行るということがあるかもしれませんね。
果たして、今度流行るのはどんな内容のものになるのでしょう。15年くらい前に流行った方法というと何があるかな?私が15年前にやったのは野菜だけを食べるダイエットですが、スムージーも食べていました。りんごかもしれないですよ。

効果的ダイエット~ ダイエットは朝食をどうするかがポイント


食事によってダイエットを成功させたいのならば、まずは朝食についてよく考えることが大切です。1日の食生活は朝食から始まるわけですから、そこを考えなしにしていては成功が望めないです。では、朝食を抜いてしまう、あるいはほとんど食べないでいるということが良いのかというと、決してそうとは言い切ることができないです。経験者ならば誰でも思い当る節があるかもしれませんが、朝食を抜いてしまったり量を少なくしてしまうと、1日の生活に大きな影響が出てしまいます。1日中ボーっとしていて空腹状態が続いても問題ないという環境の人ならばそれでも良いのかもしれませんが、学校や会社へ行っている人がそれでは健康的に良くないです。つまり、ダイエット中であっても朝食は疎かにしないほうが良いのです。

 その分、朝食に工夫を凝らすことは大切です。ヨーグルトで胃腸を活性化させて消化吸収を良くすることも大切ですし、流行りの酵素ドリンクによって効率良く栄養を摂取するというのも悪くないです。また、品目を多くして食事の満足感を得るということも、朝食でぜひとも取り組みたいことです。こうして、朝食をしっかりと考えてとっておけば、自ずと昼食や夕食のメニューも決まってきます。

 朝食をしっかり食べておけば逆に昼食や夕食はそこまで量を多くする必要がありませんし、ましてや間食をしようとも思わなくなるはずです。食事によってダイエットを成功させるということはまず朝食に対して気を配らなければならないというその重要性は、食生活における1日のリズムを朝食が作っているからです。

 朝食をたくさん食べるということは慣れていないとなかなかできないことですから、そこは少し意識を変えていかなければならない部分です。ただ、それをきちんとできればダイエットするのがとても楽になりますし、太りにくい食習慣にすることもできます。ですので、ダイエットするならばまずは朝食をどうするかがとても重要なポイントになるのです。

【ダイエット/ヨガ】ダイエットをいろいろとやってきましたが・・・


ダイエットをいろいろとやってきた私です。考えてみると、もう25年以上ダイエットをやっていることになります。
最初はゆで玉子ダイエットでした。その後も、りんご、炭酸水、お茶、トマト、肉抜き、野菜だけなど、単品や短期間のものを中心にやってきました。カロリーや食事軽減もしたことがあります。何度もダイエットには成功しましたが、そのたびにリバウンドしてさらに太るということの繰り返しでした。
今は、レコーディングダイエットと白湯をしていて、大成功し、少しリバウンドしているものの、そこそこの体重を維持しています。
運動もいろいろしてきました。最初は定番のジョギングをしました。水泳もしましたし、筋トレもしました。ジムに通っていたこともあります。自転車を使ったこともありましたね。ウオーキングをしたこともあります。スロトレや踏み台昇降もやったことがありました。エアロビクスをしたこともあります。
こうやって振り返ってみると、本当にいろんなことをやってきたなあと、我ながら感心してしまいます。もう25年以上もしているのですから、これくらいにはなるのかもしれません。バナナもやったことがあるのを思い出しました。
今は夜だけ炭水化物抜きもしていますが、低糖質はやったことがありません。簡単に痩せるというものがあれば、とりあえずやっていたという感じでした。短期間で効果的なものばかりやっていたので、体には悪かったと思います。がんばりすぎるというか、短期間だからガンバレたというのか。ただし、がんばって痩せてしまったことで反動が大きかったわけですよね。できるだけがんばらないようにしてやせないと、必ずリバウンドしてしまうのだと思います。今は、がんばっていないので、なかなかやせませんが、体重のキープはできています。しかし、筋トレができていないので、体がだぶついてきています。それに、やはり運動不足は健康にはよくないと思います。運動もしたいのですけどね。

食事制限ダイエット/ダイエットを成功させるには


人はまわりの人に対していい印象を持ってもらいたいと誰もが思っていますが、そのためにはどのようにすればいいのかというと自分の外見を磨くことです。外見がいいとまわりの人から好かれるようになるので、自分は何もしなくても多くの人から興味を持ってもらえるようになります。

そして人の外見を良くするためにはどのような方法があるのかというとやはりダイエットでしょう。ダイエットとはいろいろな方法で自分の体を引き締めることをいい、これによってスタイルを良くすることができます。

そこで人がダイエットを成功するためにはどのようにすればいいのかというといくつかの方法があります。
まずは効果的な方法で行うということがあげられますが、それはどのような方法があるのかというと有酸素運動をする方法です。有酸素運動とはどのような運動なのかというとしっかりと酸素を体内に取り入れながら運動をすることを言い、具体的にはジョギング、ウォーキング、エアロバイクなどがあげられます。これらの運動はあまりハードなものではないので、それほど苦痛を伴うこともないので、継続的に続けやすく、ダイエットを成功させやすいと言えます。

それからダイエットを成功させるのであれば何か目標を持つことが大事であると言えます。ただ漠然とやっていても、嫌になったらすぐに挫折をしてしまうことになるのですが、目標があることによって、それを達成したいという思いが働くので、我慢をすることができ、これによって成功させることができます。また目標は最終目標だけを立てるのではなく、何段階かにわけて立てて、それを達成することができたらご褒美をあげるというような感じにするとより成功しやすいでしょう。

さらに一人でするのではなく、複数の人と一緒にするとい成功しやすいと言えます。なぜなら一人で行うとどうしても作業が短調になるのに対して複数の人で行うと楽しみながらすることができるからです。
そのため成功させたいのであれば複数の人と一緒にしたほうがいいでしょう。

効果的ダイエット/ダイエットすると日常でどんなことが変わるのか


太っている人がダイエットに成功すると、いままでの損を取り返し、幾つもの良いことが起こります。
反面、痩せることで発生してしまうデメリットも存在します。

「自分自身の変化」
最も身近な変化としては、ダイエットすることで、着られなかった憧れの服が着られるようになります。
同時に、今まで着ていた服が着れないようになるのですが、着たい衣服を着られる嬉しさのほうが大きいでしょう。
大きいサイズの衣服は、高額で購入していたのが、買わなくて済むようになって節約できます。
太っていると、靴の傷みが早くなることもありましたが、痩せれば靴の寿命が伸びることにもなります。
食事面では、一ヶ月あたりの食費が大幅に減ることが期待されます。
一ヶ月の食費が一人あたり3万~5万円が普通だったのが、ダイエットをすると一ヶ月の食費が1~2万円になったという人もいます。
痩せると体が軽くなり、家事をこなすのが楽になるという効果は大きいです。
いままでちょっと動くのも億劫だったのが嘘のようです。
しかも内蔵が強くなり、免疫力が高まって健康になることは、言うまでもないことです。

「自宅環境の変化」
太っていたとき、自宅の床がギーギーときしんでいたのが、きしみ音が少なくなることもあります。
意外なことに、痩せることで、家の床に対する荷重が減って、家が壊れるのを防ぐことにもつながっています。
椅子に座るときにも、痩せれば椅子にかかる負荷が減って、椅子の寿命が伸びます。
自宅、家具、道具など、身の回りで使うものを大切にできるという効果は大きいです。

「外出先での変化」
ダイエットに成功すると、見た目で揶揄されることが減るでしょう。
公共機関で幅を取ってバカにされたいたのが、馬鹿にされなくなる効果もあります。
異性にモテる確率も、高まるものと期待されます。
友人関係でも、敬遠されていた人にも近寄ってこられるかもしれません。
車やバイクの燃費がよくなることも考えられます。
痩せることで発生する問題としては、良くも悪くも見た目が変わってしまうことにあります。
また、痩せて綺麗になったことにより、ストーカーや痴漢をされる確率が高まるという報告もあります。
そんな目に遭遇するのも、痩せて綺麗になったからだと考えると複雑な悩みです。